スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都シティハーフマラソン2009 

1_1chrio_bl.jpg
大変に残念なニュースが入りました(ーー;)
財政難で苦しんでいる京都市。毎年、主催している京都シティハーフマラソンを来年2009年3月8日の第16回で中止する方針を固めたとのニュースです。採算が取れる可能性のある東京マラソンのような大規模フルマラソンでの復活を目指すというが、道は険しそうであります。どの市町村も財政難で苦しむ中での決断。京都シティハーフマラソンは、平安神宮前を発着点に、京都御苑周辺などを駆け抜ける全国的にも人気の高い大会だけに、存続を望む声も強い思います。
京都シティハーフマラソンは京都陸上競技協会と京都市の共催。京都市によると、1大会の運営費約1億4000万円のうち6000万円を市が負担し、残りを企業の協賛金やランナーの参加料(5000円)で賄っている。不足分を補う繰越金も、支出の増加によって今年度で底をつく見通し。09~11年度で約964億円もの財源不足が生じるとされる市の台所事情では、運営継続は難しいと判断したとの事です。淋しい限りであります。京都市は「フルマラソンの開催実現を目指すための苦渋の決断。参加者には理解を求めていきたい」と説明しているそうです。
京都シティハーフマラソンにはクリオも今年はブースを出していました。まだ詳細はお聞きしていませんが京都シティハーフマラソン2009にも出すと思います。
このブログでよく書いている市民マラソン。日本は健康志向などで空前のマラソンやジョギングブームとかで多くの方がマラソンを楽しんでおられます。各地で行なわれている市民マラソン大会。各地の土地の特色を生かした大会。街の大きなイベントとして開催されています。そこえ行政の財政難(ーー;)淋しいとしか言いようがありません。京都シティハーフマラソンがフルマラソンとして復活する事を心より願います。京都といえば古都。古都と言えば奈良(笑)奈良では2010年に平城遷都1300年のイベントが県を挙げて行なわれます。そんな中で、陸連公認の1万人規模のマラソン大会が予定されています。先日に行なわれた大仏マラソン2008でも7700人が晩秋の奈良公園を走りました。京都も奈良も素晴らしいマラソン大会だと思います。これから春にかけて全国で行なわれる市民マラソン大会。どこの大会でも運営は大変であると思います。行政やボランティアの方々、陸上や体育関係の方々や地域の方々、みなさんで運営されているマラソン大会であります。参加する私たちも何かお役に立てたらと考えます。

全国のマラソン大会については
クリオボックスに掲載しています。
http://www.chrio-box.com


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chriobox.blog114.fc2.com/tb.php/385-0ddc4520

天気予報+京都-でつながるブログリング

天気予報+京都に関するブログをまとめています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。